アクセス解析を活用してWEBサイトを最適化

アクセス解析の活用

WEBサイトの集客状況や問題点の抽出ができるアクセス解析。
今回はこのアクセス解析の活用方法についてご紹介したいと思います。

 

アクセス解析の目的

アクセス解析から得られる情報を元に、WEBサイトを最適化することによる「アクセス」「コンバージョン率(購入率)」の向上が目的です。

また広告効果の検証をすることによりユーザーがどのようなコンテンツを求めているかを把握することができ、コンテンツや広告の改善ができます。

 

アクセス解析で効果を出すためには

アクセス解析からどのようなキーワードでアクセスしてきたか、どのページが一番見られているかなどの情報を詳細に確認することができます。これらの情報からユーザーのニーズ、WEBサイトの問題点を知りコンテンツ等の内容に反映し最適化することで効果のあるサイトへと改善できます。

離脱率の検証

各ページの離脱率を確認することができます。
離脱率の高いページがある場合は流入キーワードを元にコンテンツの構成などを見直す必要があります。

新規コンテンツのプレビュー確認

新規に作成したコンテンツが閲覧されていない場合は、導線が最適化できていない可能性があります。ユーザー視点で導線を再確認し、関連コンテンツにリンクがあるか、サイトマップが適正であるかなどの確認をしサイト構成を見直す必要があります。

地域別のアクセス状況

地域別のアクセス状況を確認することができます。地域別に見ると、どこの地域の人がどういったコンテンツを求めているかなどが確認できるので訪問者を地域別に最適化されたコンテンツに誘導できるように各コンテンツを調整していきます。
また、エリア限定での広告効果を検証することも可能です。

 

まとめ

「アクセス解析を導入しているがほとんど活用できていない」という方も多いのではないでしょうか?
今回の項目は基本的なものですが、改めて自社のコンテンツ見直しへと活用頂けましたら幸いです。

 


2014年8月12日