ネットビジネスの種類とアフィリエイトが選ばれる理由

アフィリエイトとは?

誰もがご存知の通り、インターネットの利用者数の増加はとどまるところを知りません。
そのため、パソコンとインターネットがあれば、「いつでも、どこでも」できるネットビジネスが急速に発達しました。
近年では、スマートフォンの普及により、「いつでも、どこでも、手軽」にインターネットを利用する機会が増えました。
「ネットビジネス」が人々にとって、より身近なものになったのです。

しかし、
「ネットビジネスに興味があるが、どのような種類があるのか分からない」
「とても難しいイメージがあって、初心者の自分にもできるか不安」
声はたくさんあります。

そこで、「どのようなネットビジネスがあるのか」、
その中でも、大きな市場を築いている「アフィリエイト」について説明していきます。


ネットビジネスの種類と特徴

まず「ネットビジネス」とはどういったものでしょうか。

ネットビジネスとは

インターネットビジネスとは、インターネットを使ったビジネスモデルの総称で、
ネットビジネスと略すこともある。  wikipedia参照

ネットビジネスと略されて使われることが一般的になっています。
非常に広域なビジネスモデルとなっていますが、具体的にはどのようなものがあるのでしょうか。

ネットビジネスの種類

ネットビジネスを大まかに分類すると下記のようになります。

  • デジタルコンテンツの作成(開発)、販売
  • 投資(株やFXなど)
  • ネットオークション
  • インターネットショップ
  • アフィリエイト(広告収入)

このようにネットビジネスは多様です。
それぞれの「難易度」「サービス開始までにかかる時間」「リスク」を比較したものが下記の表です。

種類 難易度 サービス開始までにかかる時間 リスク
デジタルコンテンツの作成(開発)・販売
投資(株・FX)
インターネットネットショップ
ネットオークション
アフィリエイト (広告収入)

ネットビジネスを行ううえで、専門知識が必要であったり、リスクが大きいものがあります。
その中でも「アフィリエイト」というのは、下記のメリットがあります。

  • 特殊なスキルや資格は不要。
  • リスクが低い
  • 個人でもすぐに始めることができる。
  • パソコンがあれば、時間や場所に制約がない。
  • 初期投資(有料サーバーなどを使用する場合)が少額で済む。

このような、ビジネスを始めるにあたっての利点も、
「アフィリエイト」が選ばれる理由ではないでしょうか。
ひと言に「アフィリエイト」と言っても、実際にはどのようなビジネスなのでしょうか?

 

アフィリエイトとは

アフィリエイトの仕組み

アフィリエイトとは、WEBサイト運営者(アフィリエイター)が広告を貼り、閲覧者がその広告に対してアクションを行なうと、
リンク元のWEBサイト運営者に報酬が支払われるというWEB広告の手法です。
最近では、自身が投稿した動画で広告を紹介するなどの、「YouTuber(ユーチューバー)」が有名ですね。

アフィリエイトの仕組み

このような仕組みのWEB広告のことを、アフィリエイト広告といいます。
アクションというのは、

  • 広告をクリック
  • 広告先のページで「会員登録」「資料請求」「商品(サービス)購入」

などがあげられます。

 

アフィリエイターと広告主

アフィリエイターと広告主について説明していきます。

アフィリエイター

自身のWEBサイトやブログにアフィリエイト広告となる商品やサービスを紹介することで、
収入を得ている人のことを「アフィリエイター」と言います。

広告主

自社の製品やサービスの売上げ向上の為に、アフィリエイト広告を出稿する
企業や事業者のことを「広告主」と言います。

 

アフィリエイト広告の種類と報酬

アフィリエイト広告には様々な種類があります。
また報酬の受け取り方にも種類があるので説明してきます。

アフィリエイト広告の種類

テキスト広告 タイトルと1~2文程度のキャッチコピーの文字のみで構成される広告。
表現力は限られるが、WEBサイトやブログのレイアウトを崩しにくいため、
手軽に設置することができる。
バナー(イメージ)広告 ページ内の固定された枠に画像を掲載するもっとも一般的な広告。
画像サイズが指定されているので、レイアウトを考えて設置しなければいけない。
動画広告 ページ内の固定された枠に動画を掲載する広告。
音や映像で臨場感が高まり、より魅力が伝わりやすい。

バナー広告には様々な画像サイズがあるので、レイアウトに沿った画像サイズを選択する必要があります。

報酬について

アフィリエイトの報酬についても種類があります。

成果報酬型広告
商品やサービスなどが購入された場合、設定された報酬を得ることができるタイプ。
クリック保証広告
(PPC広告)
広告のクリック数に応じて、報酬を得ることができるタイプ。

他には、

広告の表示回数に応じた報酬を得られる「インプレッション保証型広告」、
広告の掲載期間に応じた報酬を得られる「枠売り広告(純広告)」などがありますが、

一般的には、「成果保証広告」「クリック保証広告」が使用されています。

 

アフィリエイトで報酬を得るには

アフィリエイト・サービス・プロバイダ(ASP)というところに登録し、自身のブログなどのWEBサイトを用意します。
広告を貼り付けるための媒体は必須になりますので、まずは比較的手軽に始めることができるブログをオススメします。

アフィリエイト・サービス・プロバイダ(ASP)というのは、
アフィリエイト広告を管理する広告代理店のことです。

ASP内で広告として紹介されている「商品」や「サービス」をWEBサイトなどで紹介し、
ユーザーが「購入」「契約」などの成果が発生すると報酬が得られます。

主なアフィリエイト・サービス・プロバイダ

●A8.net

日本最大級のアフィリエイトサービスです。

●Amazonアソシエイト

5,000万点以上の Amazon から紹介する商品を選ぶ事ができます。

●楽天アフィリエイト

報酬が楽天スーパーポイントで貯まり、1ポイントから受け取ることが可能です。

「記事を書いて広告を貼り付ける」だけでなく、
「価値のある内容」「広告に紐づいた内容」を意識して記事を作っていくと、
より記事への訪問者が増え、収入アップへとつながるかと思います。

まとめ

今回ご紹介した内容は「アフィリエイト」についての一部です。
「すぐに楽して稼げる」というビジネスではありませんが、リスクの少ない点は大きなメリットだと言えます。
これからネットビジネスを始められる方にとって、自分にあったビジネスモデルを見つけるための参考になればと思います。

 


2015年8月4日