Google Analyticsを活用したアクセス解析方法

GoogleAnalyticsを活用したアクセス解析

 

WEBサイトのアクセス解析を行うためのツール「Google Analytics」は無料で提供されているため、多くの方が利用していることと思います。
しかし「使い方がわからない」「よく分からない機能が多い」という方も多いのではないでしょうか?

今回はまず「基本的な機能」とそれらが「どのように活用できるのか」を考えてみたいと思います。

 

Google Analyticsとは

Googleが無料で提供しているWEBページのアクセス解析ツールです。
Googleが提供しているだけあって、検索エンジン経由のアクセスやキーワードの解析には強いです。

サイト訪問者の動向を把握することでサイト内の問題のあるページを知ることができ、サイト改善をすることで訪問者の満足度を高め、アクセスや売上の向上が図れます。

 

各レポートの種類と機能

リアルタイムレポート

WEBサイト上でのリアルタイムな状況を確認することができます。(アクセス数やユーザーが閲覧しているページなど)

ユーザーレポート

訪問者が訪れた地域、閲覧環境、訪問回数、サイト内での移動経路を計測することができます。

トラフィックレポート

訪問者がどこからやってきたのか、どんな検索エンジンを利用しどんなキーワードでやって来たのかを計測することができます。

コンテンツレポート

WEBサイト内での訪問者の動きを知ることができます。
訪問者が初に訪れたページ、離脱したページ、閲覧時間、サイト内検索を利用した訪問者の行動、ファイルのダウンロードなどのページ上でのアクションが計測することができます。

コンバージョンレポート

WEBサイトでの目的(商品購入など)の目標を設定すると目標の達成状況を知ることができます。

これらのレポート機能をどのように活用するのか。
次は分析内容に合わせて、どのレポートを使用するか紹介していきます。

 

分析内容に応じたレポートの使い分け

レポートはそれぞれが意味のある数値や情報を表示してくれますが、ただ眺めているだけでは活用とは言えませんよね。
ですが各レポートを詳細に見ていくと、かなりの項目数があります。ですので今回は各項目の意味ではなく、どのような時にどのレポートを活用するのかを2つの例をあげて紹介していきたいと思います。

 

1.ユーザーの属性を分析

自社の商品やサービスを利用している、又は訪れているユーザーの情報を分析することで、既存顧客、潜在顧客の属性を把握することができます。

商品を販売している通販サイトなどでは商品ごとにコンセプトがあり「メインターゲット」となるユーザー属性があるかと思います。このような場合には、「ユーザーレポート」を使用することで訪問者の「性別」「年齢」「地域」などを確認できます。

これらを元に、このように考えることができます。
「メインターゲットと近い属性のユーザーが自社のサイトに訪れているのか」
「自社の商品は○○のようなユーザーに好まれる傾向がある」
予定していた属性のユーザーが訪れているでしょうか?
ターゲットにしていなかった年齢層の人が利用・購入していた。ということも多々あるかと思います。

ユーザー属性が特定できたら、広告の掲載先や販売ページの見直しなどを行うことで潜在顧客を効率よく集客したり、関連商品の販売などで「客単価」の向上も狙うことができますね。

 

2.コンバージョンを分析

実際にコンバージョン(購入や登録など)が発生しているのは、「どこから訪れたユーザーなのか」「どのような経路でコンバージョンに至ったのか」などを調査し、コンバージョン率アップの為の施策を考えます。

WEBでのビジネスにおいては、検索エンジンからの流入を確保しなければ売上・収益を上げるのが難しくなってきます。
トラフィックレポート」では、どの「検索エンジン」からどのような「検索キーワード」でユーザーが訪れているのか。
それらのアクセス数やコンバージョン数(率)を確認できます。 コンバージョン率の高い流入元や検索ワードを把握できたら、リスティング広告SEOに活用することでより効率良く集客ができるようになります。

また「コンテンツレポート」ではユーザーのページ遷移の経路や、閲覧時間、離脱率が確認できます。
これらの情報を分析し、下記のような施策を実施していきましょう。

・「離脱率が高い」「閲覧時間が短い」など効果が低いランディングページ(LP)を見直したり、追加していく。
・ユーザーにとって最適な導線の確保(サイトマップやリンクの適正化)して、関連コンテンツなどへ誘導する。

これらは継続的に実施しなければならない項目ですし、コンバージョン率の向上に直結していきます。

「ユーザー」「コンバージョン」これらの2つを分析し、コンテンツや集客方法を改善し続けることで必ず効果が見えてきます。

 

まとめ

今回はGoogle Analyticsを使った基本的な活用方法を紹介しました。
他のアクセス解析ツールを利用している場合も、操作方法・項目は異なるかもしれませんが内容は共通してくるかと思います。

アクセス解析は、継続して分析し改善することが最も重要だと思っています。
気が向いたときに見てみたら「アクセスが伸びていた。」というのでは解析とは言えませんよね。

「新たに作成したコンテンツの効果はどうだろう?」
「私が書いた記事はどれくらいの人に見られているのだろう?」

このような気持ちを持って数値を見ていくことで、継続しやすくなってくるのではないでしょうか?


2014年8月21日