ペンギンアップデートとは【このは奮闘日記 -SEO編- 】

「SEOってなに? -基礎知識編-」にて、検索エンジンの基礎について勉強した「このはちゃん」。
今回は、Googleが行っているアップデートの1つである、「ペンギンアップデート」について学ぶようです。



前回に引き続き、検索エンジンについてもう少し説明した後、
SEOについて詳しく勉強していこうか。


はい。
よろしくお願いします!


「検索エンジンによって表示される順位が違う」ということを
説明したけど、GoogleとYahoo!を使っていて気づいたことはない?


もしかして、なにか共通点があるとかですか?



おっ、鋭いね。

実は「Yahoo!」は、「Google」の検索システムをベースにして、
システムを作っているんだよ。

そのため、同じ単語で検索すると、表示結果が似ている部分が
あるんだよ。


そうだったんですか!



時間があるときにでも、試してみてね。

今度は、同じ検索エンジンでも
その時々によって表示されるものが違うことがあるんだ。
なんだか分かるかい?


うーん・・・。
Googleだったら「記念日などによってロゴが変わる」
とかですか?


それもあるけど、
実は、検索結果は常に同じ順番で、同じサイトを表示していないんだ。

このはちゃんも経験があるかもしれないけど、
同じ単語を調べたのに、検索結果が違うということがなかったかい?


あります!あります! 同じ内容で検索したのに、
目的のページがなかなか見つからなかったことが何度かあって。


クローラーと呼ばれるプログラムが、
ネットの上のありとあらゆる情報を自動的に収集して、
データベースの更新を行っているんだ。
そのため、表示結果も変わるんだよ。

Googleは「Googlebot(グーグルボット)」というものがある。
「bot(ボット)」はロボットの短縮形で、コンピュータや
インターネット関連の自動化プログラムのことなんだよ。


「bot」という単語、
twitterで「●●bot」というのを、見たことがあります!


設定した時間に、設定した用語を自動的につぶやくプログラムだね。

Googlebotはネット上のありとあらゆる情報を収集して、
検索結果に反映させているんだよ。


ユーザーは常に、より良い情報を得ることができるんですね!



そうだね。

Googleは、「Googleが掲げる10の事実」という理念の中で、
ユーザーの利便性を第一に考えていることをうたっている。

そのため、常にユーザーにより良い情報を提供できるように、
プログラムの更新(アップデート)を行っているんだ。


このような理念があるということを知らなかったです。

アップデートというのは、どのようなものなんですか?
「常に良い情報を提供していく」ものとは違うんですか?



「常に良い情報を提供していく」だけでなく、
よりユーザーが利用しやすいように工夫を凝らしているんだよ。

アップデートはいくつかあるのだけど有名なものとして、

「ペンギンアップデート」「パンダアップデート」

というものがあるんだよ。


パンダとかペンギンってなんだか可愛らしいですね!



(可愛いという発想はなかった。)

まずは、「ペンギンアップデート」の説明をしていくね。

ペンギンアップデートというのは、

ブラックハットSEOを行っているサイトの検索順位を下げ、
ホワイトハットSEOを行っているサイトの検索順位を上げることを

目的とした、アルゴリズムの改善のことなんだよ。


ブラックハットSEO、ホワイトハットSEOって何ですか?



それぞれを簡単に説明すると、

ブラックハットSEOというのは、品質に関するガイドラインに反した技法
ホワイトハットSEOというのは、品質に関するガイドラインに準じた技法

ということなんだよ。


ガイドラインの内容が難しいです・・・。


ブラックハットSEOをガイドラインに沿って簡単に説明すると、

・ユーザーに分からないように、
 SEO目的の単語やリンクをページに大量に埋め込む。

・プログラムを使って自動的にでたらめなページを作り、
 そこにたくさんのリンクを貼り付ける。

などの悪質な方法を用いた技法のこと。

そのため、無意味な情報のサイトが上位に表示されてしまい、
ユーザーにとっては非常に迷惑なものなんだよ。


必要な情報が、変なページに邪魔されて、
なかなか見つからないのは嫌ですね!

悪質なサイトはダメ、ゼッタイ!


それに対してホワイトハットSEOというのは、悪質な方法を用いず、

ユーザーの満足を達成するためのページ作りを行う技法

のことなんだよ。


ユーザーにとって理想的なページということですね!



ホワイトハットSEOは、ユーザーにとって欲しい情報が見つかり、
Google側としても、「この検索エンジンで調べると情報が見つかる」
という信頼につながる。

そのため、ホワイトハットSEOは検索表示順位を上げ、
ブラックハットSEOにはペナルティを与え、
「検索順位を下げる」、酷いものには「検索表示すらさせない」
とする対応が「ペンギンアップデート」なんだ。


ズルをしたり、ユーザーを騙すようなことをすると、
お叱りを受けるということですね!


その通りだね。
先ほど紹介した、Googleの理念に反することになるからね。

では次回は、
もうひとつのパンダアップデートについて説明するね。


本日はここまで!


ありがとうございます。
とても勉強になりました! 

 

今回は、Googleのペンギンアップデートについて勉強しました。

ペンギンさんは可愛いのにアップデートの内容はとてもこわいですね!
パンダさんも同じぐらい怖いのかな・・・。

「まだまだいくよ!」

まだまだいくよ! 

2015年7月28日