バナー広告とは【このは奮闘日記 -WEB広告編- 】

ネットビジネスを行ううえで重要なことは、「一人でも多くの人に知ってもらうこと」です。
知ってもらうためには、製品(サービス)の宣伝が必要不可欠です。

インターネットで使用する広告には様々な種類があり、
製品(サービス)を効果的に宣伝するためには、適切な広告を選ぶ必要があります。

ネットビジネスの知識を学んでいる「このはちゃん」。
今回は、様々なWEB広告の中で、まずは「バナー広告」について学んでいくようです。



SEOについて勉強していったけど、
ネットビジネスをする上で他にも重要な知識があるんだ。

WEB広告というのは知っているかな?


WEB広告って、
サイトに出ている広告や検索で表示された広告ですよね?


そうだね。それもWEB広告の1つだね。

実はWEB広告というのは、非常にたくさんの種類があるんだ。
それぞれの特徴について勉強していこうか。


はい!
よろしくお願いします。


まずWEB広告というのは、

WEBサイトやEメール、動画に掲載されている
インターネットを使用した広告の総称なんだ。

「インターネット広告」「オンライン広告」「ネット広告」
とも言われているんだよ。


「WEB広告」「インターネット広告」「オンライン広告」「ネット広告」

って全部同じものだったんですね!


ただし、広告を掲載している媒体によって
種類分けされているんだ。

WEBサイトに掲載されている広告 バナー広告
Eメールに掲載されている広告 メール広告
検索エンジンに掲載されている広告 リスティング(検索エンジン)広告

さらに分けることができるから、順を追って説明していくね。


広告にもそれぞれ名前があるなんて知らなかったです。



まずは、バナー広告について。

WEBサイトに掲載されている広告で、
クリックすると製品(サービス)紹介ページに飛ぶ広告。
一般的に「バナー広告」は画像タイプの広告を指していることが多いんだ。

【バナー広告の例】

アフィリコードプラスバナー広告


よく見かける広告ですね!



バナー広告にもいくつか種類があって、

  • イメージ広告
  • テキスト広告
  • リッチメディア広告

というものがあるんだ。
イメージ広告というのは先ほど説明した画像タイプの広告。


テキスト広告はなんとなく想像できるのですが、
リッチメディア広告は想像できないです。


1つずつ説明していくね。

  • テキスト広告

というのは名前の通りで、下記のイメージ図のように
テキスト(単語や文章)にリンクを貼った広告のこと。

テキスト広告


テキストだと、広告だと分からない場合がありますね。


画像は見やすいけど、サイズやレイアウトを気にしないといけない。
対してテキストは、レイアウトが崩れることはあまりないから、
手軽に挿入することができるんだ。

テキスト広告は、レイアウトを崩したくない場合や、
たくさん広告をつけたい場合に有効だね。


ただ広告を貼るだけでなく、
見た目を考えて配置しないといけないんですね!


そうだね。
広告だから、「見やすい」「目に留まる」を考えないとね。


続いて、

  • リッチメディア広告

というのはテキストや静止画だけでなく、
Flashやgifアニメーション、映像などの動画を用いた広告のこと。


動画が再生される広告、ちょくちょく見ます!



少し前までは、

  • ネット環境によっては表示されても再生されない。
  • 動画の読み込みが遅く綺麗に再生されない。

という問題があったけど、
ネット環境やPCのスペックが向上したことによって、
効果的な広告として使用されているんだ。



文字や画像だけでは伝わらないものでも、
動画だと表現が伝わりやすいものもありますね。



そうだね。

リッチメディア広告は訴求力が高くて、
近年注目されている広告タイプのひとつだよ



一度にたくさん覚えられないです・・・。



いろんな名前の広告が出てきて、難しかったかな。
では次回は、リッチメディア広告が評価されている理由でもある、
「動画広告」全般について勉強していこう。

本日はここまで。


ありがとうございます。
とても勉強になりました! 

 

ネットビジネスを行う上で重要な、WEB広告について勉強しました。

広告にも色々な種類があるので、覚えていけるか不安です。
今まで広告について考えたことなかったな・・・。

「まだまだいくよ!」

まだまだいくよ! 

2015年7月31日