ランディングページを活用してコンバージョン率を向上する

ランディングページを活用してコンバージョン率を向上

 

ランディングページを作成する目的の中で最も重要視されているものに「コンバージョン率」の向上が挙げられます。
では、どのようなランディングページが最適なのか。基本を振り返って考えてみましょう。

 

ランディングページって何?

ランディングページとは、WEB広告やリンクをクリックした際、WEBサイトに最初に表示されるページのことを言います。
最近では「ランディングページ(LP)」といえば1つの商品やサービスを販売する為の「1枚の長いページ」をイメージされる方が多いかもしれません。

これらのLPは広告などから流入する、特定ユーザー専用に最適化しやすくページの遷移の必要もないため制作費用が安上がりなのも特徴です。

 

ランディングページ(LP)を作成する目的

この記事の初めにも説明しましたが、ランディングページ(LP)を作成する目的はWEB広告やリンクからの流入に対しての「コンバージョン率」を上げることです。 定義としては、結果的にユーザーの流入元となった「ページ」がランディングページなのですが、ここでは前述のような目的で作成する「ランディングページ(LP)」について紹介します。

 

制作前に考慮しておくポイント

ランディングページではユーザーに「購入」や「資料請求」など、なんらかの「アクション」を起こしてもらうように考慮して作成します。 その際、この目標とする「アクション」は1つに絞るようにしましょう。
このアクションを複数設定してしまうと、ユーザーを迷わせてしまう可能性があり成果に繋がりにくくなります。
商品の選択肢などの場合ある程度までは良いですが、多すぎてしまうと問題です。

ユーザーに起こしてもらう「アクション」には以下の様なものが挙げられます。
・お問い合わせ
・資料請求
・お見積り依頼
・会員登録
・商品購入

 

ページ内に盛り込むべき要素

ランディングページでは、前述のように「アクション」を起こしてもらう為に多くの要素を盛り込んでいく必要があります。
一般的には下記のように分類分けされています。

・キャッチコピー

ランディングページを開いた時、一番初めに見える位置に表示さる商品やサービスの説明を掲載します。
わかりやすく」「短くてインパクト」のある文章が望ましく、内容次第ではすぐに離脱されてしまいますのでじっくり考えて作成していきましょう。

・リード文章

キャッチコピーの次に記載する説明文です。
限られた文字数のキャッチコピーでは語りきれない文章を補足し、これより先の内容に期待を待たせる文章にしていきます。

・画像・映像など

実際に商品やサービスを使っている写真、イラスト、動画、などユーザーに直感的に訴えるものを用意します。

・問題提起と解決策の提案

ユーザーが抱えている問題、欲求を再認識させて問題意識を高めるような要素を入れます。
そしてそれらの問題を解決できる(又は解決できる可能性がある)ことを具体例などで紹介しながら提案していきます。

・商品の基本情報や信頼性

商品のサイズや重量など具体的な基本情報(スペック等)を記載します。
意外にユーザーが知りたい要素が隅々まで記載されていないサイトも多いので、考えられる項目はできるだけ記載していくようにします。資料請求などの場合は、請求する前に知っておきたい情報は最低限記載するようにしましょう。
また商品・サービスの信頼性や保障、自社特有の付加サービスも記載することで、ユーザーに信頼感を与えていきます。
利用者の体験談(レビュー)などはとても効果的です。

・お問い合わせ・購入ボタン

ユーザーがアクションを起こす為のボタンで、ランディングページの「ゴール」とも言えるでしょう。
お問い合わせや購入のボタンは大きくわかりやすいものを配置しましょう。

一般的に長いイメージのあるランディングページですが、それぞれの項目ごとに考えてみると、やはり上記のように多くの要素と意味を含んでいることがわかりますね。

 

まとめ

ランディングページについて基本に振り返って考えてみましたが自社にはこれらの要素がしっかりと詰め込まれていましたでしょうか? 業者に制作を依頼されている場合は、出来上がったページもこれらを考慮して確認してみましょう。
さらに作成したページはコンバージョン率をしっかりと計測して、内容の見直し・修正を行なうことでもっと効果的なページへと改善していきましょう。


2014年8月25日