魅力的なプレゼンを行うための、効果的なパワーポイントの使い方

プレゼンテーション

プレゼンを行った際に、

  • 資料だけを注視されてしまい、プレゼンを聞いてもらえなかった。
  • 魅力が伝わっていなかった。

このような経験はないでしょうか?せっかくいい商品でも伝わらなければ意味がありません。
しかし、ほんの少しの工夫と気遣いで、プレゼンは格段に良くなります。

今回は、魅力的なプレゼンを行うために、効果的なパワーポイントの使い方をお伝えします。


目次

 

文章はできるだけ使用せず、一言や単語でまとめる

 プレゼンは「読ませる」ではなく、「魅せる(見せる)」ことが大切です。
 文章だと、聞き手は読むことに注視して、プレゼンター(あなた)が話している内容を聞き逃してしまうかもしれません。
 また、プレゼン資料とほぼ同じ内容を説明することは非常に無駄です。

<悪い例>

文章悪い例

 一番伝えたい内容をスライドに明記し、プレゼンター(あなた)が補足を行いましょう。

<良い例>

文章良い例

 

 

伝えたい内容は、「1スライド1つ」

あれもこれもと1枚のスライドで欲張って説明すると、何が重要なポイントかが分からなくなります。

スライド詰め込み

伝えたい内容が複数ある場合は、内容ごとにスライドを分けましょう。
伝わらなければ意味がないので、大胆なスライドの使い方をしましょう。

スライド分け

 

文字組み(文字の工夫)をする

フォントサイズ・文字間隔など、バランスを整え「読みやすくする」ことを、文字組みといいます。
新聞や雑誌、広告などあらゆる箇所に文字組みが施されています。
プレゼン資料にも文字組みを施すことによって、より「読みやすさ」「伝えたい内容」がアップします。

 記号や単位を小さくする

  <フォントサイズが同じ場合>

  ¥100,000  500人

<記号や単位を小さいサイズにした場合>

100,000  500

  記号や単位を小さいサイズにすると、数値が強調されます。重要なものは「数値」です。



 重要な部分を強調する

  記号や単位は小さくしましたが、対して文中では、重要な部分を強調しましょう。

  <フォントサイズが同じ場合>

  フォントサイズは重要な要素です。

  <重要な部分を強調した場合>

 フォントサイズは重要な要素です。

  統一されたフォントサイズだけでなく、重要な要素に限定して変更することで、より重要な部分が伝わりやすくなります。



 改行に気をつける

 1、2文字だけの改行は、見栄えがよくありません。
 文字数を減らすことできるなら、文字数を減らして、それでも改行されてしまう場合は、
 記号や句読点のフォントサイズを小さくすることをオススメします。

<フォントサイズが同じ場合>

改行悪い例

<フォントサイズを一部変更した場合>

改行良い例

 記号や句読点(、や。)のフォントサイズを少し小さくしています。
 最後の2文字が改行されて4行になっていたものが、3行で収まりました。
 見栄えだけでなく、スペースを確保することにもつながります。

 スペースに余裕がある場合は、下記の文章のように、テキストボックスを広げたり、
 文章の終わりや文節で改行するとさらに良いでしょう。

改行さらに良い例

 

デザインテンプレートを活用する

デザインテンプレート

 パワーポイントには、デザインがある程度完成している「デザインテンプレート」というものがあります。
 プレゼンテーマに合ったものを使用することで、よりメッセージ性を強めることができます。
 また商用でも利用できる、フリーのデザインテンプレートを提供しているサイトもあるので、
 テーマに合わない場合は、このようなサイトを利用することもいいでしょう。

 

写真・図・アイコンを有効活用する

写真がある場合と、文章だけの場合を見比べて見ましょう。

  <文章だけの場合>




  キンキンに冷えたビールは
     とてもおいしい。

  <図・写真を使用した場合>

写真を使用する(ビール)

写真・図・アイコン使用することで、
文字だけでは伝わりにくいイメージも伝わる、文字情報と合わせてメッセージ性を強めることができます。

 

オーバーレイを活用する

オーバーレイ 何かの表面や一部を薄く覆うこと。
画像やグラフなどの上に別のものを重ねて表示する手法のこと。
オーバーレイ

図・表・グラフで、特に注視してもらいたい箇所、補足説明などをつけたい場合に、
「オーバーレイ」が便利です。半透明なオブジェクトのため、図・表・グラフの邪魔をしません。

オーバーレイの作成

吹き出しを使用する

 四角形などのボックスの場合、どの部分を指しているかが分かりづらいです。
 オーバーレイでは吹き出しを使用することで、どの部分に注視してもらいたいかより分かりやすくなります。

透過率は20%程度にする

 透過率が低い(色が濃い)と、背景が完全に隠れてしまいます。
 透過率が高い(色が薄い)と、せっかくのオーバーレイが目立たなくなってしまいます。
 透過率は「20%」を目安にしましょう。

 

最後に

難しい知識はなくても、小さな工夫でプレゼン力をアップすることができます。
聞き手のことを意識して資料を作成することで、良いプレゼン資料になっていくかと思います。

しかし、どんなによいプレゼン資料を作成しても、最後にはプレゼンターにゆだねられます。
「何度もリハーサルを行う」「リハーサルを録画してチェックする」など、
最後までしっかりと準備を行ない、プレゼンに挑むように心がけましょう。

 


2015年8月20日