検索機能の役割

検索機能の役割

インターネット上では、もはや必須とも言える機能である「検索」。
今回はその検索機能の役割などについて改めてご紹介したいと思います。

 

検索エンジンとは

インターネット上に存在する情報(WEBページ、サイト、画像ファイルなど)を検索する機能を提供するシステムやサービスのことを言い、サーチエンジンと呼ばれることもあります。主な検索エンジンにはGoogle、Yahoo! JAPAN、Bing等があります。

検索エンジンは、主にクローラと呼ばれるプログラムによってWEB上の情報を収集蓄積していきます。蓄積した情報は検索アルゴリズムで解析し任意のキーワードに対して最適な情報を提供できるように表示順列が付けられます。

 

ユーザーにとってどのような価値がある?

知りたい情報を図書館に行って調べたり、誰かに聞いたりすることなく検索窓にキーワードを入力し、検索するだけで手軽に「誰でも」「即座に」情報を見つけることができます。
近年では、Googleなどの検索エンジンの機能も向上しており、ユーザーが求める情報により近いものを表示できるようになってきています。

 

検索エンジン最適化とは

検索エンジン最適化(SEO)とは、検索エンジンでの検索結果で自社のWEBサイトを上位に表示させるためにWEBサイトを最適化することです。WEBでビジネスをする際、このSEO対策ができていなければアクセス(集客)を集めることができない為、広告費などが多くなり収益を生むことが難しくなっていきます。業者に依頼するのか、自社で実施するのかしっかりと検討していく必要がありますが、上位表示が実現できればほとんどのビジネスにおいて、優位に進めていくことができるようになります。

 

リスティング広告

リスティング広告とは、検索エンジンにユーザーがキーワードを入力して検索すると検索結果の一定の枠に表示される広告です。
商品名やサービス名で検索しているユーザーは購買意欲が高いので多数の企業が活用している広告です。
「クリック単価」や「1日の予算」などを詳細に設定することが可能な為、費用対効果を把握しやすくなっています。
しかしこのリスティング広告は入札型式のため「競合性が高い市場」や「成熟している市場」の製品やサービスなどでは、多くの費用がかかってしまう場合も少なくありません。

実施する際は、専属の担当を着けたり、業者に依頼するなどして検証、改善を常に実施していく必要があります。

 

まとめ

皆様が当たり前のように利用している「検索エンジン」ですので、ほとんどの方がご存知の内容かもしれません。
しかし、「SEO」や「リスティング広告」は常に課題とされている方も多いのではないでしょうか? 基本となる項目ですが、改めて検討・改善するきっかけにして頂けましたら幸いです。

 


2014年8月13日