WEB広告の種類と特徴

WEB広告の種類と特徴

今や数多く存在する「WEB広告」
今回はその「WEB広告」の種類やそれぞれが持つ特徴について考えてみたいと思います。

 

WEB広告の種類

現代では、様々なWEBビジネスが増え、広告に対するニーズも多種多様です。
また広告代理店も多くその扱う広告の種類や契約形態も様々です。

・リスティング広告
・アフィリエイト広告
・アドネットワーク広告
・動画広告
・バナー広告

これらの広告について詳しくはご存じない方でも、名前くらいは聞いたことがあるのではないでしょうか?
WEB広告の中でも多く活用されている広告です。
それぞれの広告についてメリット・デメリットがあり自社にはどの広告が良いか。
広告担当者の方もその答えが見つからないまま広告を利用していることも多いのではないでしょうか?
まずはこれらの広告の特徴について見ていきましょう。

 

各種広告の特徴

・リスティング広告

GoogleやYahoo!などの検索エンジンに、ユーザーが該当のキーワードを入力した際の検索結果に表示される広告です。
ユーザーが検索したキーワードに関連性の高い広告が表示されピンポイントに広告配信が行われます。

・アフィリエイト広告

主にブログなどで掲載されている広告の一つ。
広告主はコンバージョン(購入、契約など)が発生した場合のみ報酬を払うため、費用対効果が優れています。

・アドネットワーク広告

アドネットワークは広告媒体WEBサイトを多数集めて「広告配信ネットワーク」を形成し、
その多数のWEBサイト上で広告を配信する広告配信手法です。
多くのWEBサイトを媒体とすることで、全体では多くのトラフィックを確保することが可能です。

・動画広告

WEBサイト上の広告枠において動画用いた広告のことを言います。
動画も利用することにより表現力が高く広告で表現したい事をより正確に伝えることが可能となり、
一般的にバナー広告よりもクリック率が優れています。

・バナー広告

WEBサイト上に画像やFLASHを用いた広告のことを言います。
インターネットが登場した初期の頃にスタンダードとなった広告です。

 

どの広告を使えば良い?

・認知度が高い商品やサービス

商品名やブランド名がユーザーに認知されており、検索エンジンで直接検索される可能性がある時は「リスティング広告」。

・認知度が低い商品やサービス

逆に商品名やブランド名が認知されていない場合やアフィリエイターに任せたほうが効率的と判断される時は、
「アフィリエイト広告」が相性が良いとされています。

・複数のサイトに広告を配信したい

複数のサイトへの広告配信を一括で行いたい場合は「アドネットワーク広告」を活用しましょう。
運営会社が複数の媒体となるサイトをネットワーク化して広告を配信できます。

・映像や音楽を用いた広告を配信したい

バナー広告などよりも「動き」や「雰囲気」などでより具体的な表現で配信したい場合は、
映像や音楽を用いてなめらかな一連の動作を表現できる「動画広告」がおススメです。

・どの広告が良いか迷った時は

1番基本となる「バナー広告」はインターネット初期の頃から利用されている広告のため、様々な広告配信に対応しています。
そのため自社の製品やサービスが、どの広告に適しているか迷った時は「バナー広告」から始めると良いでしょう。

 

まとめ

今回は数多く存在するWEB広告の中からいくつか紹介させていただきました。
これから広告掲載を考えている方や、既に運用中の方にも参考にしていただけましたら幸いです。

 


2015年8月18日