人気ワード

Copy Title & URL

Bookmark

Feed

Share

Googleしごと検索機能を利用する方法

目次

  1. Googleしごと検索とは
  2. Googleしごと検索に関連する機能追加・変更点
    1. システム設定(連携設定)
    2. 求人管理(求人登録)
      1. 求人登録項目のパラメータ設定について
    3. 求人管理(求人詳細)
      1. Googleへの通知処理での注意事項
    4. CSVインポート
    5. コンテンツ管理

Googleしごと検索とは

2019年1月23日より日本でサービスを開始したGoogleしごと検索(Google for jobs)は、Googleの検索結果に自社のWebサイトで掲載している求人情報が表示されるサービスです。

サーチプラスfor求人では、Googleが求人情報と判別できる構造化データを求人詳細コンテンツに出力し、Indexing API を使用してGoogleに対しページをクロールするよう通知する機能を実装。通知は求人を「掲載」するタイミングで行う事ができます(更新・削除時も同様に通知)。

システム側では、常時求人情報のXMLサイトマップ出力とIndexing API通信での即時クロール依頼を行っているため、より即時性の高い求人掲載を可能としています。

Googleしごと検索に関連する機能追加・変更点

1.システム設定(連携設定)

Googleしごと検索の実装に伴い、システム設定に「連携設定」が追加されました。
googleへのxml通知処理の設定はこちらで行います。

基本的に本設定は、管理者の方でお願いします。

【管理者画面:システム設定 > 連携設定】
Googleしごと検索設定はデフォルトでは「無効」になっています。
「有効」に切り替えられますが、秘密鍵を入力しないと保存ができません。「有効」にすると各設定項目が表示されます。

Indexing API通信、秘密鍵(jsonファイル)保存に関しては、こちらのマニュアルをご参照ください。

▼Googleリファレンス
Indexing API クイックスタート
Indexing API を使用する前提条件

【サーチプラスfor求人】システム設定 > 連携設定画面
図2-1:システム設定 > 連携設定画面
連携設定の項目
項目 内容
Googleしごと検索設定 有効・無効の選択(デフォルトは無効です)
秘密鍵 取得したjsonファイルを開き、記載されているコードをコピー&ペーストで貼り付けます。
サイトマップ設定 data.php?c=[info] 初期値:info

・サイトマップ生成に使用するURLのコンテンツIDを入力してください。
・初期値は、登録コンテンツの求人詳細ページのコンテンツID「info」が設定されています。
・任意の求人詳細ページを作成する場合は、そのコンテンツIDを設定します。
サイトマップURL [設置先URL]/sitemap_jobs.php
・[設置先URL]は、システム設定 > サイト設定で設定したURL

サイトマップにはURLが50,000 件以下、サイズが50 MB(圧縮しない状態で)以下の制限があります。
▼Googleリファレンス サイトマップの作成と送信

サイトマップURL欄の「サイトマップ送信」押下で、Googleに対してサイトマップの通知(サイトマップクロールの依頼)を行います。

【サーチプラスfor求人】サイトマップURL説明

「サーチプラスfor求人」で求人情報をgoogleに通知する方法は以下の2通りです。

  • Indexing API方式
    ⇒通知後、15分程度でGoogle for Jobsに反映
  • サイトマップ方式
    ⇒1日1回クロールされる(日本時間 15:35ぐらい)

2.求人管理(求人登録)

【管理者画面:求人管理 > 求人登録】
本機能実装にあたり、「求人登録」のフリー項目下部に「Googleしごと検索設定」の項目が追加されました。
Googleに送信する雇用形態と給与表示設定になるため、「Googleしごと検索」に掲載する場合は設定してください。

【サーチプラスfor求人】Googleしごと検索設定画面
Googleしごと検索設定の項目名
項目 内容(ブルダウン選択)
雇用形態(Googleしごと検索) FULL_TIME(フルタイム)、PART_TIME(パートタイム/アルバイト)
CONTRACTOR(契約社員)、EMPORARY(派遣社員)
INTERN(インターン)、VOLUNTEER(ボランティア)
PER_DIEM(日雇い)、OTHER(その他)
給与表示設定 HOUR(時給)、DAY(日給)、WEEK(週給)、MONTH(月給)、YEAR(年給)

求人登録項目のパラメータ設定について

Google側から求人情報をクロールされる際、掲載設定の「更新日」「求人期限」の設定状況により、Googleしごと検索での掲載・非掲載に影響がでる場合があるのでご注意ください。
※サーチプラスfor求人で「非掲載」としても、「Googleしごと検索」で掲載が取り下げられないケースがあります。

基本的にGoogle側の動きは以下のようになります。

  • 掲載状況が「掲載中」の求人 →アップデート処理
  • 掲載状況が「非掲載」の求人 →削除処理
Attention
サーチプラスfor求人での「掲載中」「非掲載」は、
【管理者画面:システム設定 > サイト設定】の掲載設定に依存します。
掲載状況が意図しない設定になっているなどあれば、設定を確認してください。
・更新日が未来の求人  掲載する/掲載しない
・求人期限を過ぎた求人 自動取り下げ/掲載を続ける

3.求人管理(求人詳細)

Googleしごと検索の関連項目として、求人詳細ページに以下項目が追加されています。

  • 「Googleしごと検索へ通知」ボタン
  • Googleしごと検索設定
  • 最終編集日時/登録日時

【管理者画面:求人一覧 > 求人詳細】

登録された求人詳細ページの「Googleしごと検索へ通知」ボタンを押下することで、
Indexing API を使用し、求人情報単位でgoogleに通知できます。
※【システム設定 > 連携設定 > Googleしごと検索設定 】を「有効」にしている場合にのみ表示されます。

【サーチプラスfor求人】求人一覧画面
図2-3:求人管理 > 求人詳細画面

「Googleしごと検索設定」の項目欄では、登録時に設定した内容が参照できます。

【サーチプラスfor求人】Googleしごと検索設定確認画面

「最終編集日時」「登録日時」は、Googleに通知する日時情報として使用されます。
※システムで自動付与されます。任意の編集はできません。

【サーチプラスfor求人】しごと検索_最終編集日時・登録日時

Googleへの通知処理での注意事項

公開範囲(一般・会員)
「会員限定」の求人情報は「Googleしごと検索」には掲載されません。
更新日
「Googleしごと検索」への掲載は、更新日が未来の求人「掲載する・掲載しない」の設定に依存します。
設定により「掲載中・非掲載」の状況を確認ください。
求人期限
「Googleしごと検索」掲載は、求人期限を過ぎた求人「自動取り下げ・掲載を続ける」の設定に依存します。
設定により「掲載中・非掲載」の状況を確認ください。
求人状態 求人期限状況 「Googleしごと検索」掲載状況
新規追加 有効期間内掲載(15分程度で掲載)
有効期限切れ掲載されない
非掲載
(求人期限あり)
有効期間内掲載が取り下げられない(掲載のまま)(※1)
有効期限切れ掲載が取り下げれる
非掲載
(求人期限なし)
掲載が取り下げられない(※2)
求人削除
(ページ削除)
掲載が取り下げられる

※2019年8月 弊社テスト環境にて確認

Attention
(※1)
「サーチプラスfor求人」で公開設定を「非公開」にしても、有効期限内の求人であれば、「Googleしごと検索」で掲載が即時には取り消されません。
有効期限を期限切れに設定し、削除依頼を行うことをGoogleが推奨しています。
(※2)
「サーチプラスfor求人」の管理画面からの求人登録時は、通常「求人期限なし」の設定はできませんが、コンテンツ側の記述で何らか「求人期限なし」のデータを作成した場合などは「Googleしごと検索」から掲載取り下げができなくなるのでご注意ください。

サンプルコンテンツの下記記述(JSON-LD)が「求人期限」の値になります。
コンテンツタイプ:求人詳細(コンテンツID:info
"validThrough" : "[item_limit_y]-[item_limit_m]-[item_limit_d]"

求人期限が設定されていないデータをGoogleに通知後、求人情報を取り下げる場合は、
一度求人期限を設定(取り下げたい日付)した上で掲載状況を「非掲載」としてください。
▼Googleリファレンス 求人情報を削除する

4.CSVインポート

CSVファイルによるデータインポートも従来どおりの手順で可能です。

求人情報をGoogleしごと検索へ通知する場合、追加されたCSVの項目「Googleしごと検索への通知予約」を「予約する」とすることで、登録後、15分程度でGoogleしごと検索への通知が行われます。

なお、「Googleしごと検索への通知予約」を「予約する」(=通知設定する)でインポートしたデータをダウンロードした場合、通知予約は「空のデータ」(=通知設定しない)でダウンロードされます。
データを更新した場合などは、通知予約を必要に応じて再設定してください。

追加項目名などの詳細はCSVインポート・ダウンロード機能をご確認ください。

5.コンテンツ管理

求人詳細ページコンテンツ(コンテンツID:info)に、求人情報の構造化データ(JSON-LD)のサンプルを用意しています。

【サーチプラスfor求人】求人詳細コンテンツ設定画面
図2-2:求人詳細コンテンツ設定画面

構造化データの詳細、必須・推奨プロパティは、下記のGoogleリファレンスをご確認ください。
▼Googleリファレンス 構造化データタイプの定義 schema.org

以下は、記述がない場合にGoogleから警告を受ける要素の例になります。※弊社テストによる。

プロパティ 要素 概要
for求人でのコンテンツ変数対応例
title 求人情報詳細
・職務の名称 [job_type]
必須
hiringOrganization 募集企業
name ・会社名 [comp_name] 必須
jobLocation 勤務地
postalCode ・郵便番号 [add_num_none] 推奨
addressRegion ・都道府県 [add_city] 推奨
addressLocality ・市区町村 [add_pre] 推奨
streetAddres ・町名以降 [add_text] 推奨
baseSalary 給与
unitText ・給与表示設定 [google_unit_type] 推奨
employmentType 雇用形態 [google_employ_type] 推奨
datePosted 求人情報の最初の投稿日
[edit_y]-[edit_m]-[edit_d]
必須
validThrough 求人情報が期限切れになる日付
[item_limit_y]-[item_limit_m]-[item_limit_d]
必須

Googleしごと検索用に追加されたコンテンツ変数は下記になります

変数名変数
給与(Googleしごと検索)[google_salary_full]
雇用形態(Googleしごと検索)[google_employ_type]
給与表示設定(Googleしごと検索)[google_unit_type]
最終編集日時(年)[edit_y]
最終編集日時(月)[edit_m]
最終編集日時(日)[edit_d]
登録日時(年)[regist_y]
登録日時(月)[regist_m]
登録日時(日)[regist_d]

製品情報

求人サイト構築システム「サーチプラスfor求人」
製品サーチプラスfor求人
概要求人サイトの制作に最適なCMS求人検索システム
自由なデザインで求人検索・応募機能を追加

HTMLが直接記述できる
自由度の高いCMS求人サイト構築システム

レスポンシブデザイン標準装備
選べるモジュールで多彩な求人サイトに対応
URLhttps://job.searchplus.jp/

関連記事