人気ワード

Copy Title & URL

Bookmark

Feed

Share

ITP2.1について

ITP2.1の影響と対策方法

2019年2月21日に「ITP2.1」の情報が公開されました。
https://webkit.org/blog/8613/intelligent-tracking-prevention-2-1/

大きく内容が変更されるのは以下の内容のようです。

  • 「3rd party cookie」がすぐに無効化されてしまう
  • JavaScriptで扱えるcookieが8日目で削除される
  • キャッシュを使用したクロスサイトトラッキング禁止機能が強化される
  • サードパーティの別ウィンドウからのストレージアクセスに関する暫定措置が終了する
  • 「Do Not Track」が廃止される

Appleの中の人のツイート
1)期限切れの上限!= ITPはクッキーを削除します。
2)ITPは、Safariを使用してから過去30日間にユーザーの操作を受けなかった、またはStorage Access APIを正常に使用したことがない場合、機密ドメインのCookieを削除します。
3)ITPがクッキーを削除すると(これもまた、クッキーの有効期限はそれ自身のものです)、DOMストレージも削除されます。

John Wilander on Twitter

現在弊社では「ITP2.1」について、内容を精査し、対応策を検討中です。

「ITP2.1」に関しては「iOS12.2」からの対応となるようで、
たちまちトラッキングに影響があるわけではありませんが、

「iOS12.2」が普及し始めると、safariを使用しているユーザー(Mac、iPhoneユーザー)のトラッキングに影響が出ることが予想されます。

さらに、現在アフィリコードシリーズに実装されているITP2.0対応タグを利用の場合でも、
当該ユーザーの場合、8日目以降はcookieが削除されてしまうため、cookie認証が難しくなります。

但し、アフィリコード(プラス)では、ITP対応のcookie認証と並行して、
「IP/UA」を利用したフィンガープリント方式でのトラッキングも使用できるため、

「IP/UA」が一致すれば、cookie認証に比べて精度は落ちてしまいますが、成果計測は可能となっています。

現時点においての弊社の見解は以上の通りとなります。
今後の対応方針が決定しましたら、改めて製品サイトにて告知いたします。

製品情報

進化し続けるアフィリエイト広告配信システム「アフィリコード・システム」
製品アフィリコード・システム
概要自社アフィリエイト運用から本格的なASP運営まで対応できるアフィリエイト広告配信システム「アフィリコード・システム」
URLhttps://system.affilicode.jp/