人気ワード

Copy Title & URL

Bookmark

Feed

Share

felmatに案件を卸す方法

目次

  1. felmatに案件を卸す方法
    1. アフィリコード・システムの設定
      1. 新規アフィリエイター登録
      2. 新規メディア登録
      3. 広告URLパラメータ変換
      4. キックバック通知設定
      5. キックバック通知先URLの設定
    2. felmatに広告URLを卸す
    3. 疎通テストを行う

felmatに案件を卸す方法

本記事ではASPサービスであるfelmat(フェルマ)とアフィリコード・システムとの繋ぎ込みに関する解説をおこないます。

今回の繋ぎ込みは「卸し」案件の内容となります。

「アフィリコード・システム」→「felmat」

連携のフローは以下の通りとなります。

運用フロー
図1-1:ASPに広告を卸す場合の運用フロー

アフィリコード・システムの設定

felmatに卸すURLを取得するために、アフィリエイターとメディアを新規で作成します。

1.新規アフィリエイター登録

アフィリエイターを登録します。

管理者画面 > アフィリエイター一覧 > アフィリエイター登録

新規アフィリエイター作成
図1-2:新規アフィリエイター作成

※アフィリエイター名は「連携先ASP」の会社名(株式会社ロンバード)での設定を推奨しています。

2.新規メディア登録

アフィリエイター登録が完了したら、次にアフィリエイターが扱うメディアを登録します。
今回作成するメディアは「連携先ASP」のメディアとなります。

管理者画面 > アフィリエイター管理 > メディア一覧

新規メディア登録
図1-3:新規メディア登録

※メディア名は「連携先ASP」のASP名(felmat)での設定を推奨しています。

3.広告URLパラメータ変換

メディア作成が完了したら次に、当該メディアで設定できる広告URLのパラメータをfelmat専用のパラメータに変換します。

作成したメディアの詳細画面から、画面右上の「連携設定」ボタンをクリックします。

「連携設定」ボタン
図1-4:「連携設定」ボタン

以下の場所のパラメータを設定します。

広告URLパラメータ変換
図1-5:広告URLパラメータ変換

広告パラメータ変換
pbid ⇒ fmcs
kbp1 ⇒ adid

広告URLパラメータ変換02

4.キックバック通知設定

パラメータ変換設定が完了したら次に、キックバック通知設定を行います。設定は「初回発生時のみ通知(未承認・承認)」にチェックを入れます。

キックバック通知設定
図1-6:キックバック通知設定

5.キックバック通知先URLの設定

運用フロー

⑤の成果通知を行う際のキックバック通知先を設定します。

キックバック通知設定の次に、実際にASPに成果通知を送る、キックバック通知先URLを設定します。

キックバック通知設定02

通知先URLは下記の通り設定してください。

定額案件:
https://t.felmat.net/fmcvskt?adid=[kbp1]&fmcs=[pbid]&uqid=[action_log]

※定率案件はfelmat側の仕様詳細を確認の上、別途カスタマイズが必要となります。
 まずは、お気軽にお問い合わせください。


アフィリコード・システム側でのキックバック設定は以上です。

felmatに広告URLを卸す

次にfelmatに卸す広告URLをアフィリコード・システムで取得し、取得した広告URLをfelmatに伝えます。 先に作成したアフィリエイターから、管理者権限でアフィリエイター画面にログインします。

管理者画面 > アフィリエイター一覧 > ログイン

アフィリエイター管理画面にログイン
図2-1:アフィリエイター画面に管理者権限でログイン

※(図2-1)はサンプルアフィリエイターです。実際に作成したアフィリエイターにログインしてください。

ログイン後、

広告検索 > メディア選択 > 作成したメディアを選択

実際に「卸す広告」に対して「提携申請」を行い、以下の場所から広告タグを取得します。

「広告URL」の取得画面
図2-2:卸す予定の広告の「広告URL」取得画面

広告URLの形式は以下の通りとなります。

(例) https://example.com/link.php?i=abcdef&m=123456

取得した広告URLをfelmatにお伝えください。

※なお、felmat側でパラメータの付与が必要となるので、
連携の際はfelmatにあらかじめ連絡をする必要があります。
(広告URL~~&fmcs=fmcs値&adid=adid値)

疎通テストを行う

felmatで発行したURLで疎通テストを行い、
両社で成果が発生すると繋ぎ込みが完了となります。

※felmat側のシステム仕様が変更された場合、連携方法が異なる可能性があります。

▼注意事項
定率案件は別途ご相談ください。

付与引数(args)に識別子を紐づけている場合は、

https://t.felmat.net/fmcvskt?adid=[kbp1]&fmcs=[pbid]&uqid=[args]

にてご対応ください。

製品情報

進化し続けるアフィリエイト広告配信システム「アフィリコード・システム」
製品アフィリコード・システム
概要自社アフィリエイト運用から本格的なASP運営まで対応できるアフィリエイト広告配信システム「アフィリコード・システム」
URLhttps://system.affilicode.jp/

関連記事