人気ワード

Copy Title & URL

Bookmark

Feed

Share

請求・入金管理

目次

  1. 請求管理
  2. 請求管理 - 請求レポート
    1. 請求状況
    2. 精算一覧
    3. 請求一覧
    4. 入金一覧
    5. 請求額詳細ページ
  3. その他請求一覧
    1. ティア請求
    2. その他請求

請求管理

アフィリコード・システムでは、広告主への請求管理、アフィリエイターへの支払管理を行うことができます。

  • 請求管理:広告主
  • 支払管理:アフィリエイター
請求管理と支払管理
図1-1:請求管理と支払管理

また、広告主管理画面では管理者画面で確認できる請求管理と同じ情報が閲覧できます。

請求管理
図1-2:広告主管理画面の請求管理

請求管理 > 請求レポート では以下の情報の確認ができます。

  • 請求状況・・広告主ごとに「前月残高」「当月発生請求額」「翌月繰越額」が確認てきます。
  • 精算一覧・・発生している請求と入金された額の精算状況が確認できます。
  • 請求一覧・・各月ごとに集計した請求の一覧が確認できます。
  • 入金一覧・・「実際に広告主ごとに請求する金額及び、支払期日」が確認でき、入金があった際にステータスを変更します。
請求管理 請求状況

これらの情報は以下の時系列の中でそれぞれ確認します。

請求管理(広告主)フロー

請求管理 - 請求レポート

請求状況

システム設定 > 請求設定 の集計日が来た時点で一斉に集計が行われ、請求状況ページに対象広告主の情報が反映されます。

請求状況画面
図2-1:請求レポート > 請求状況ページ

「当月請求」は集計後の確定金額(当月請求額の上の金額)と予定金額(当月請求額額の下の()内の金額)で表示されています。
※予定金額はリアルタイムの金額ではなく、毎日定期的に集計を行い表示しています。

請求状況の「前月残高」~「翌月繰越」の金額表記に関しては、支払周期によって異なります。

支払周期が「当月」の場合(現在月を11月とする)
※締め日:月末
※集計日:15日
※10月1日~10月31日の請求金額:2,000円

11月15日の集計日(未入金時)

11月15日集計日(未入金時)

「10月1日~10月31日」の期間の集計が行われ、請求金額が「2,000円」となったので、当月請求欄には「2,000円」と表示されます。入金状況は未入金なので、当月入金欄は「0円」となり、入金がされていないため、翌月繰越欄には当月請求金額がそのまま繰り越されます。

11月30日に2,000円入金確認後の確定処理後

11月30日に2,000円入金確認後の確定処理後

当月(11月30日)に請求額の「2,000円」の入金が確認できたので、ステータスを「確定」に変更すると、当月入金欄には入金額の「2,000円」が表示され、翌月繰越がなくなります。

支払周期が「翌月」の場合(現在月を11月とする)
※締め日:月末
※集計日:15日
※9月1日~9月30日の請求金額:2,000円
10月1日~10月31日の請求金額:3,000円

10月15日の集計日(未入金時)

10月15日の集計日(未入金時)

11月15日の集計日(未入金時)

11月15日の集計日(未入金時)

11月15日段階の集計日の状況は、前月請求分(10月15日)が未入金のため、11月の前月残高は「2,000円」と表示されます。11月15日には「10月1日~10月31日」の期間の請求金額が「3,000円」なので当月請求欄には「3,000円」と表示されます。さらに11月15日段階では未入金なので、当月入金欄は「0円」となり、翌月繰越額は前月残高の「2,000円」と当月請求額の「3,000円」を足した「5,000円」となります。

11月30日に10月請求分2,000円入金確認後の確定処理後

11月30日に10月請求分2,000円入金確認後の確定処理後(11月)

当月(11月30日)に10月15日請求金額の「2,000円」の振込確認が取れたので、ステータスを「確定」にします。前月残高と当月入金の「2,000円」が相殺され、翌月繰越欄には当月請求額の「3,000円」が表示されます。
※仮に11月にも当月請求額の「3,000円」の入金があった場合、当月入金が「5,000円」となり繰越額は「0円」となります。

支払周期が「翌々月」の場合(現在月を11月とする)
※締め日:月末
※集計日:15日
※ 8月1日~8月31日の請求金額:1,500円
9月1日~9月30日の請求金額:2,000円
10月1日~10月31日の請求金額:3,000円

9月15日の集計日(未入金時)

9月15日の集計日(未入金時)

10月15日の集計日(未入金時)

10月15日の集計日(未入金時)

11月15日の集計日(未入金時)

11月15日の集計日(未入金時)

9月、10月と未入金状態なので、11月の前月残高欄には9月分と10月分の繰越額「3,500円」が表示されます。当月(11月)分の請求額は「3,000円」なので当月請求欄には「3,000円」と表示され、未入金のため翌月繰越欄には9月、10月、11月分の請求額「6,500円」が表示されます。

11月30日に9月請求分の1,500円入金確認後の確定処理後

11月30日に9月請求分の1,500円入金確認後の確定処理後

11月30日に9月15日請求分の「1,500円」が入金されたので、ステータスを「確定」にします。当月入金額は「1,500円」なので、翌月繰越欄には「前月残高」+「当月請求」-「当月入金」を計算した「4,000円」が繰越額として表示されます。
※例えば当月(11月)に9月、10月分の入金(3,500円)があった場合、11月の翌月繰越金額は「3,000円」となります。

精算一覧

請求状況一覧から「請求状況」をクリックすることで、当該広告主の過去の請求・入金履歴(精算一覧)を確認することができます。残高に金額が表示されている場合、未回収の請求がある状態になります。

精算一覧画面

請求一覧

システム設定 > 請求設定 で設定されている「集計日」の日付が来ると、一斉に対象期間の集計が行われ、集計結果が請求一覧に表示されます。

請求一覧画面

表示項目はシステム設定の請求設定内容に準拠しています。

  • 請求一覧項目 ⇔ システム設定(請求設定)
  • 請求日 ⇔ 集計日
  • 集計期間 ⇔ 締め日
  • 支払期日 ⇔ 支払期日
請求一覧画面詳細

請求一覧に上がってきた広告主に対して、個別に請求処理を行います。

請求処理を行ってから支払期日までの入金状況を確認するには、一覧右端の「入金状況」ボタンから確認できます。

請求一覧(入金状況)

入金一覧

入金一覧画面では、各広告主の今までの入金履歴が確認できます。また入金確認ができた際は、ここからステータス変更を行います。

ステータス変更

  • 「未確定」:未入金状態
  • 「確定」:入金状態

ステータスが「未確定」のときは「支払期日」に日付が表示されます。(入金日は空白)ステータスを「確定」に変更すると、「支払期日」が空白になり、入金日に日付が表示されます。
※一度ステータスを「確定」に変更した場合、再度「未確定」に戻しても支払期限は再生成されないので注意してください。

入金一覧画面

一覧の「詳細」ボタンをクリックすることで、入金情報の詳細ページが確認できます。詳細ページでは「ステータスの変更」や「請求情報」の詳細を確認することができます。

入金詳細画面

請求額詳細ページ

請求一覧から請求額の詳細内容を確認することができます。
入金一覧 > 詳細 > 請求情報 からも請求額詳細ページを確認することができます。

請求額詳細画面

請求書作成時の参考データとして利用することができます。

その他請求一覧

ティア報酬に関する請求や広告主に対して個別に行う請求に関しては、その他請求一覧で管理します。

その他請求一覧

ティア請求

システム設定 > 請求設定 の「集計日」に、確定しているティア報酬分が集計され一覧に表示されます。
※アフィリエイター紹介機能(ティア設定)を使用している場合に集計されます。

その他請求

成果報酬に対する請求とは別に広告主個別に請求がある場合、「その他請求追加」から請求内容を追加します。

その他請求追加
基本情報

広告主
別途請求する対象の広告主を選択します。

摘要
その他請求一覧で摘要として表示されます。請求内容が分かりやすい内容にしてください。

請求額
別途請求する請求金額を入力します。

請求日
その他請求したい請求日を設定します。
※請求日は過去の日付を設定します。

製品情報

進化し続けるアフィリエイト広告配信システム「アフィリコード・システム」
製品アフィリコード・システム
概要自社アフィリエイト運用から本格的なASP運営まで対応できるアフィリエイト広告配信システム「アフィリコード・システム」
URLhttps://system.affilicode.jp/

関連記事