人気ワード

Copy Title & URL

Bookmark

Feed

Share

ITP2.3の影響と今後の対策について

ITP2.3の影響と今後の対策方法

現在、Webkitにて「ITP2.3」の情報が公開されています。
https://webkit.org/blog/9521/intelligent-tracking-prevention-2-3/

今回の「ITP2.3」で変更されるのは以下の内容のようです。

  • 「トラッカーの判定」を受けたドメインに関しては、ローカルストレージに保存されているデータが1週間で削除されるようになりました。

「ITP2.3」に関しては「iOS13」「iPadOS」「macOS カタリナのβリリース」にてアップデートされる「Safari」からITP2.3が含まれているようです。
※本記事執筆時点ですでに、iOS側ではアップデートは始まっているようです。

「アフィリコード・システム」に実装した「ITP2.1対応機能」は、サーバーサイド側のPHPファイルにてCookieを発行していますので、当社では今回発表の「ITP2.3」の影響は受けないとの見解となります。
※4月8日時点ではローカルストレージも制限される可能性を考慮し、サーバー側からのCookie発行のみで対応していましたが、お客様の環境によっては対応できないとのお声をいただき、にローカルストレージ対応のITP対応タグも実装しています。

アフィリコード・システムに現在実装されている「ITP対応タグ(PHP/JSタグ)」は、サーバー側からのCookie発行を行っておりますので、今回アップデートされる「ITP2.3」には対応しているため、引き続き成果計測は可能となっております。

製品情報

進化し続けるアフィリエイト広告配信システム「アフィリコード・システム」
製品アフィリコード・システム
概要自社アフィリエイト運用から本格的なASP運営まで対応できるアフィリエイト広告配信システム「アフィリコード・システム」
URLhttps://system.affilicode.jp/

関連記事